2017/06/26

タカタついに経営破綻

「売り家と唐様で書く三代目」という言葉がある。初代がせっかく事業を立ち上げてても、三代目になる頃には家を売るほどまでに没落してしまう。三代目は世間知らずの無能だが、育ちは良いものだから「売り家」と書いた張り紙の書体だけが洒落ている、という皮肉である。

今日もまた、三代目にして潰えた企業が現れた。エアバッグ製造大手のタカタが、本日付で東京地裁へ民事再生法の適用を申請したのである。
タカタは2004年以降、エアバッグの不具合による大規模リコールが経営を圧迫。2015年には米国道路交通安全局から、リコールの情報開示が不適切であるとの指摘を受け、制裁金を課されるなど、危機的状況が続いてきた。リコール対策費は1兆円を超えていたという。
個人的には、2015年の記者会見の時点で、遅かれ早かれこうなるだろうとは予測していたので、やっと今になってか、という思いが強い。ヘマをやらかした企業が市場から退場するのは大いに結構だが、今回の場合は日本のお家芸である自動車産業全体を巻き込んだ大自爆である。タカタが今後どうなろうと知ったことではないが、日本の製造業に与えたダメージの程度が心配である。ともあれ、このような事態を招いた無能経営陣は大いに反省すべきであろう。

10年以上前の記事だが、大変参考になる内容なので紹介しておく。読むべき人間にとっては時すでに遅し、であるが。

2017/06/24

マツダのお店が変わりすぎて辛い……

近年マツダが魂動デザインなどと言い出してから、販売店までオシャレなイメージを出そうと次々に改装されている。近所のマツダ店もいつの間にか内外装をリメイクして真っ黒になっていたが、正直コレジャナイ感が物凄い。
マツダの店といえば、建物は白地に青のデザインで、外にはのぼりが立ち並び、従業員お手製の卓上POPや値引きチラシが無造作に置かれている……というのが従来のイメージであった。高級感は皆無だが、これはこれでアットホームで良かったのだ。それこそボンゴフレンディやMPVがよく似合っていた。今のデザインではボンゴやファミリアバンで入りにくいではないか!
今だって商用車を含むラインナップであるわけだし、車の価格帯からしてもマツダは大衆車ブランドなわけである。今現在の状態は箱物だけが先行してしまった感が強く、中身とのチグハグ感が拭いきれない。いきなりそんな肩肘張らなくても、というのが私の感想。まぁ、あと10年くらい現在の方向性を維持できたらこなれてくるのかもしれないが……。
それから件のマツダ店で見かけた光景だが、いくら試乗車とはいえ、屋根のない店舗の入口脇に停めたまま、ガシガシと拭き上げ作業をするのはよろしくない(しかも黒のアテンザワゴンである)。客の目につくところで雑用をしているのは画的に美しくないし、何より車をぞんざいに扱う店だと思われかねない。そういうソフト面の改善も含めてやっぱり高級感が板に付くまで10年位はかかるのだろうか。

ちなみにスバル販売店も最近続々と改装されているが、こちらのほうがまだ成功しているような気がする。赤帽サンバーが似合わない佇まいという点では一緒なのだが。

2017/06/18

BMW 5シリーズ Individual仕様が間もなく登場!

BMW 5シリーズをプレミアムな内外装で乗りたい……。と、思っている購入希望者の方は、BMW Individualの設定が価格表に掲載されていないことに不満を持たれていたことだろう。だが、ようやくBMW Japanから正式に価格設定の発表が為されたことが判明したのでお知らせしておく。
ボディーカラーはフローズンカラー5色、メタリックカラー5色の設定。内装はメリノレザー3種(エクステンドレザー/フルレザー)、インテリアトリム3種(ピアノブラックは530eのみの設定)、ルーフライニングはアンソラジット、アルカンターラ張りの2種が選択可能となる。
注文は既に受付可能だが、7月以降の生産開始となる予定である。
興味のある方は、早速ディーラーに行ってみよう!

2017/06/11

【書籍紹介】三菱自動車 燃費偽装問題とは

不正の迷宮 三菱自動車
著者:三菱自動車問題取材班
出版:日経BP社
(2016-09)

三菱自動車による長年のリコール隠しが発覚したのは2000年7月のことであった。三菱車の信用は地に落ち、消費者からは「特別な義理でもなければ選ばない」とまで言われるようになった。そこから16年……信用回復に努めていたはずの三菱は再び燃費偽装という、とんでもない不正事件を起こしてしまう。

何故、繰り返されたのか?

現場を無視した要求を突きつける世間知らずの上層部
部下がNoといえない企業風土
スリーダイヤという空虚なプライド
……
本書では、それら複数の問題が浮き彫りにされている。
だが、三菱自動車だけではない。あなたの会社でも似たような事はないだろうか?典型的日本企業への警告として、一読をお勧めする。





……それにしても、不正発覚の経緯というのが情けない。
2015年、軽自動車の開発・生産のための合弁会社であるNMKVにて、次期モデル開発のため、現行型のデータ取りを行った際、どうしても目標値が出なかった。この時、三菱自の人間は「日産に計測技術が無いのでは」とまで言ったそうだが、結局、公表値との乖離が約7%もある事実を突きつけられたのだそうな。

2017/06/09

ゴルフか、さもなくばサーキットか

ゴルフは御存知の通り、英国発祥の紳士のスポーツである。長い歴史を誇る高尚なスポーツであるのは誰もが認めるところだが、本邦においては家庭に居場所のない、凡そ紳士とは程遠いオヤジ共の余興と化している感がある。
こういう連中の主催による接待ゴルフなるものが、私は大嫌いである。実にくだらない。やりたければ同好の士だけ集まってやればよいのであって、周囲を巻き込むのは迷惑この上ないことだ。
そもそも、娯楽に溢れた21世紀の現代において、芝の上で玉を打ちあげて穴に放り込む行為が万人受けするわけがない、ということにいい加減気付いてもらいたい。"芝の上の玉転がし"……興味のない人間からすれば、この程度の認識なのだ。

もしここで私が部下や後輩に対して
「よし、今週の土曜日は○○サーキットに集合。もちろん参加するだろうね?」
などと言い出したらどうだろう。面倒臭いことこの上ないだろう。
モータースポーツとゴルフを一緒にするな、と言われるかもしれないが、本質的には同じである。

・道具に金がかかる
・余計な保険が必要
・会場が山奥
・集合は早朝で、休日が一日潰される
・早く回った人の勝ち

仕事上のコミュニケーションのツールとしてゴルフを認めよ、という人間には同時にモータースポーツも認めてもらいたいものだ。

2017/06/04

スマホカメラの進歩を想う

最近のスマホカメラって凄いなぁ……と、正直に思う。画質も二つ折り時代とは全く比較にならないレベルで、日常ユースには全く問題ないし、何より携帯電話と一体になっているという利便性はデカい。これでは家庭用カメラの需要が急落するのも無理はない。カメラ界の大御所であるニコンも、29年度3月期決算は71億円の赤字……。カメラの出荷台数は最盛期の1/5程度であるという。

とは言っても、所詮携帯の一機能ではモノホンのカメラには勝てないわけで、「人生の貴重な思い出を綺麗に残したい」「Instagramで上手く見せたい」なんて人は、やっぱりそれなりの機材を買ったほうが良い。日本のお家芸たるカメラ産業への応援にもなることだし。
かく言う私も最近になってフジフイルムのX-T2なんかが気になり始めた(ニコンじゃないのかよ!)。カメラは全くペーペーの素人のくせにね。さて、どうしたものだろうか……。


下の写真は安カメラ代表としてオリンパスのコンデジVH-515で撮影したものに、一枚だけXperia Z5で撮影したものを混ぜている。どれがスマホか分かるだろうか?


Sample1

Sample2

Sample3

2017/06/03

BMW 8シリーズ登場で6シリーズは廃止??

先日、BMWより次期8シリーズのコンセプトカーが発表された。先代の生産終了が1999年だから、随分と長いブランクを経ての復活である(姿形は全く似ていないが)。

エンジンラインナップはどうなるのか?
価格設定は?
ALPINAでも出すんだろうな!?

……などと興味関心は尽きないが、一つ気がかりなことがある。現在、クーペのトップを担っている6シリーズの今後である。モデルライフ的には、来年あたりに新型が登場する頃合いなのだが、全くその話題が出てこない。一説によれば、ラージクーペは8シリーズに完全移行してモデル廃止の可能性もあるという。公式アナウンスではないが、2月以降ドイツ本国では6シリーズクーペの量産停止を行っているという話もあり、結構その確率は高いのではないかと思う。
さらに残念なのは、現状8シリーズはクーペとカブリオレの2種類のボディタイプしか確認されていないということだ。

グランクーペ廃止は個人的に辛い……。今のうちに買ってしまうべきか、非常に悩ましい今日此の頃である。