2017/03/31

BMWは明日から値上げ

BMWの国内販売価格が明日から改定される。価格UPの度合いは車種によって異なるが、平均して1.9%程度となる。
これ自体は特段非難されるべきことではない、と思うのだが、どうも世間の大多数は"値上げは悪"と考えているようだ。仕事をしていても、メーカーから値上げの通知が来る度に「これまでコスト低減の努力を重ねてまいりましたが……云々」といった回りくどい言い訳が付け加えられているのが常である。
確かに庶民の目線から見れば、品物が安いに越したことはない。が、品質には相応の対価が必要である、と言うことも忘れてはならない。しかも、物質の価値というものは刻々と変化するもので、常に一定でなければならないという道理はないのだ。
コンビニのアルバイト店員に過剰なサービスを求める客、配送業者に再配達を頼んで留守にする者……。どうも我々日本人は、サービスに対する料金、という商売の基本原則すら見失っているのではないだろうか(※)。

今回のBMWの件に関して言えば、高級車メーカーなのだから、価格アップもやむ無し、と言ったところだろう。部品の品質や、製造、販売の人員にシワ寄せが行くよりはよっぽど健全である。ボッタクリだのコスパだのという人は、高級車には手を出さず、車検ごとに軽自動車を乗り継いだほうがよっぽど良い。コストを掛けずに見栄を張ろうなどというのは、卑しい事である。


※特に団塊世代。トヨタさんがマークII三兄弟時代に随分甘やかしてくれたおかげで、「マット、サイドバイザーはタダが当然」と思っている勘違い野郎が多い。

2017/03/25

LEXUS LC500hを見てきた

LEXUSブランドから発売されたLC500hの展示車がある、というのでこの連休中に見てくることになった。
展示車はレッドのボディーカラーにオーカー(キャラメル系のブラウン)の組み合わせだ。カタログのメインカラーもレッドということだからか?対応してくれた営業氏も、せっかく目立つ車なのだから赤、黄系もいいですよ、と派手カラー推しであった。
外観については好みの分かれるところではあるが、21インチのホイールは流石に圧巻。隠顕式のドアノブは、飛び出たときに見える内側の部分まで綺麗に仕上げられていたのもGoodである。
内装については、当初単一カラーのベタ塗りということで、あまり期待はしていなかったのだが、意外と精緻な作りで好感が持てる仕上がりであった。正直、Webやカタログの画像は写りが悪すぎる。とやかく言う前にぜひ、現物で確認してもらいたいところだ。
それから、見た目に反して乗降性も良い。このテの車はシートの腰部分の落ち込みの大きいものが多いのだが、LCは通常のセダンからの乗り換えでも特に違和感を感じることはないだろう。着座感も良好。前方視界や頭上のクリアランス、レッグスペースも十分で、身長180cmの人間でも大丈夫だ。

で、問題の走行性能。ここがいちばん重要なところだが、試乗車の配備は5~6月頃になるのだという。それまでに時間的余裕と興味関心が失われていなければ、ちょっと乗らせてもらおうかと思う。
ちなみに、受注は絶賛受付中だが、納期は今日時点で早くても10月かそれ以降になるという。国内向けは月産100台というから仕方ないだろう。

2017/03/18

1928年のサラリーマンの労働時間が話題に

先日ネット上にアップされた"1928年のサラリーマンの一日"なるものが話題になっていたので、当時の世相の説明も加えて紹介しようと思う。

2017/03/17

迷惑なリアフォグ点灯

輸入車を中心に多い迷惑行為の一つ……それが晴天時のリアフォグの点灯だ。


リアフォグは読んで字の如く、霧や豪雨の際に、後続車に向けて自車の存在を示すためのものである。
ところが、コイツを天気の良い夜間に点けている輩の多いこと!周囲から見れば、眩しいことこの上ない。先日も後方を照らしている迷惑なニュービートルに遭遇し、ストレス値が上昇したばかりである。
原因として考えられるのは、運転手がリアフォグの意味を知らないか、そもそもスイッチの位置が分からないか、車の光り方に比例して頭の中も御目出度いのか、の何れかである。
最初の2つの理由については、納車前に説明しなかった担当営業にも責任がある。自分の客が、背中に「私は馬鹿です」と書いて走っているのを見過ごすことがあってはならない。

2017/03/16

エライ営業とは何なのか

"エライ"営業って何だろう。と、考えたとき、その答えは評価する人間の立場によって全く変わってくることになる。

2017/03/12

Alpine A110の詳細が出てきた!

アルピーヌ・A110と言えば、その圧倒的な軽量ボディでもってラリー界を席巻した伝説的名車である。流線型の優れたデザインも特徴の一つで、ハイパワーらしい厳しさは皆無で「フランス車ですよ」と書いて走っているかのような佇まいであった。そのA110がもうすぐ復活してくる。
今月5日にジュネーブモーターショーで公開されたスペックは次の通りである。

諸元
全長:4,178mm
全幅:1,798mm
全高:1,252mm
車両重量:1,103kg
乗車定員:2名

エンジン:直列4気筒DOHCターボチャージド
総排気量:1.8L
最高出力:152ps/6,000rpm
ステアリング:左/右
駆動方式:MR
変速機:7DCT

価格は現地で58,500ユーロ(約715万円)とのこと。それにしても今時、この重量の車をわざわざ新規に出してくれる事自体が有り難いな、という思いである。恐らく、アルファの4Cあたりと良いライバルになるだろう。それと、個人的にツボなのが、近年減少の一途をたどる丸目ヘッドライトの存在である。国産車にもこういうデザインが出来ないものかと、つくづく残念に思う。
新型のフェアレディZが発売されたら、それに乗り換えようとも思っていたのだが、デザインのためだけにA110もアリかな、という感じもしてきた。国内では早くても納車は2018年以降と言うが、既存のルノー販売店で売り出すのだろうか。続報を待ちたいところである。



2017/03/04

記事移転のお知らせ

趣味のミリタリー関連、英国の小ネタ類について、他ブログにて公開しておりましたが、編集、追記の都合上こちらに統合することになりました。

還暦過ぎてターボでもいいじゃないか

先日、近所の国道を走行中に面白い光景に遭遇した。
何の気なしに対向車線に目をやると、シルバーのランサー・エボリューションが走ってくる。安全運転のドノーマル仕様だ。

2017/03/03

社内報の暴言で大炎上

先週のことである。あえて社名は出さないが、某社の社内報の内容に問題ありとして、ネット上で炎上騒ぎが起こった。発信元は「ビジネス・商売の基本を述べた」「本来の意図が伝わらなかった」と、釈明しているが、とんでもないことである。