2016/12/25

スバル レガシィB4 試乗記

スバル・レガシィといえば、平成以降のスバルの看板車種として、各世代ごとに根強いファンが居ることで知られる車種である。私自身、かつてBD4型レガシィ・セダン(※)を運転したことがあったが、非常に素性が良く乗りやすい車であったのを覚えている。

※当時はまだB4の名称は存在しない。駆動方式もFFが選択できた。

そのレガシィが大きく変わったのは、先代のBR/BM型からであった。パッケージングの軸足は北米重視となり、デザインも歴代の特徴をバッサリ捨て去ったのである。結果だけ見れば、その方針は大成功で、当時のアウトバックはアメリカで売れまくったのであるが、国内の熱心なファンからは大いに不評であった。私自身、この時のレガシィについては色々と言いたいことがあるのだが、本題から外れるため先に進めることにしよう。
今回の試乗では、上級グレードであるLimitedを試した。

2016/12/11

日産 ノートe-POWER 試乗記

今年11月の月間新車販売台数ランキングにおいて、日産ノートがトヨタ自動車のプリウス、アクア等を抑えて一位になったことが報じられた。日産車としては平成に入って初の快挙である。その原動力となったのは、新たに追加されたe-POWERの存在であるとのことで、早速試乗を行ってきた。
グレードはe-POWER MEDALISTである。

2016/12/04

新車のビニールの話

時々、町中で納車時のビニールカバーをそのままにして乗っている方を見かける。年配の人に多いように感じるが、とにかくアレはやめて頂きたい。車の挙動によっては乗員の体が滑って危険であるし、見た目も不格好。何よりシートとの間にホコリが溜まりやすく不衛生である。どうしてもオリジナルのシートを汚したくない、と言うのであれば、車種専用のシートカバーかレースのハーブカバーを付けて定期的にクリーニングした方がいいだろう。
個人的には、シート表皮の質感を重視する人間なので、あまりカバーの装着はしたくないのだが……。

ところで、このビニールシート、人によってはコイツを外す"儀式"を非常に楽しみにしている人も多いため、納車前のセッティングの時点で完全に剥いでしまうのはご法度である。とは言え、売る側からすれば、納車時の限られた時間で外すのもかなり難儀であるし(特に後席)、大量のゴミも出て不細工であるので、極力簡略したいのも事実。なので、納車前の打ち合わせの時点でこの辺りの要望を聞いておくのを絶対に忘れてはいけないのだ。私の場合、「外しておいていいですよ」と言われた場合でも、とりあえず運転席のビニールだけ残しておき、固定用のゴム紐にハサミを入れて、すぐに撤去できるように準備しておくのが常であった。
ちなみに、どこまでビニールを被せるかはメーカーによって様々で、私のいたところでは、前後席とも装着というのが基本であったが、最近のトヨタやダイハツなどは運転席のみであったと記憶している。スカイラインを購入した時は、サンバイザーや内装のあちこちにビニールと保護テープがコテコテに貼られていて、少々やりすぎな感もあり(バブル期じゃあるまいし)、どこから外していくか、記念の花束とともに思案に暮れたものである……。