2016/10/30

ディーラーへの就職 向いている人、向かない人

「自動車の営業ってどうやったらなれるんですか?」

そんな質問をインターネット上で時々見かける。
ハッキリ言おう。何も特別なことなんて無い。大卒の肩書を持った人間で、ごくごく平均的な人間なら大抵の場合採用される。離職率の高い業界ゆえ、出る門が広いぶん、入口も広いのである。

2016/10/23

カルロス・ゴーン氏の三菱自会長就任について

三菱自動車の新会長としてカルロス・ゴーン氏の就任が報じられたのは、今月19日のことである。燃費不正問題で揺れる三菱自が、新体制でどのように生まれ変わるのか、個人的にも注目すべき話題だとおもう。

ところで、カルロス・ゴーン氏については、とかく"コストカッター"や"高給取りの代表格"といったイメージばかりが先行しがちだが、それは極めて一面的な評価にすぎない。特に車両の性能や品質を下げて、黒字化の反動を顧客に転嫁しているなどというのは、全く的外れな意見と言っていいだろう。
低迷期の日産自動車は、とにかく悲惨の一言で、商品力低下の一方で、購買コストだけは高止まりという不思議な状態が長く続いていた。(北米でのブランドイメージの牽引役であるフェアレディZが、長らく放置されていたのを覚えている方も多いだろう)。全コストの6割を占める購買コストの問題は、当時の日産がやたらと独自の品質基準を重視したことや、サプライヤーの多くが日産社員の天下り先であり、コスト提言の働きかけが十分に行えなかったことが原因である。特に後者の問題は深刻で、ゴーン氏以前の数度にわたる改革案は尽く骨抜きにされてしまっていた。驚くべきことに他社より20~40%高い部品代を払いつつ、系列会社専用の会員制クラブは使い放題という状態で、儲からない、車が売れない、などと言っていたわけである。
かくして外部からバッサリとメスを入れられることになった日産は、現在ではルノーも含めたグループ全体で世界4位の規模となった。このあたりの経緯はもっと世間に知られるべき事柄であると思う。


2016/10/16

日産 セレナ 試乗記

いよいよ自動運転だ!と、鳴り物入りで登場した新型のセレナ。早速試乗する機会を得たので、感想を記そうと思う。
試乗車のグレードはハイウェイスターGである。

2016/10/08

BMW 318i SEDAN 試乗記

ついにBMWが3気筒を積む時代になったか……。そう思いつつもディーラー営業氏(私の父の担当者)からの誘いにホイホイと釣られてきたので、早速感想を書こうと思う。車両自体はモデル後半であるので、エンジン以外については特に述べないこととする。

2016/10/01

営業の一日とは

多くの人にとって、ディーラーのショールムに立ち寄る回数は年数回、しかも商談でもなければ比較的短時間ということが殆どであろう(いや、イベントごとに必ず来ているぞ、という方には感謝)。営業マンが普段何をしているのか疑問に思われている方のために、大雑把ながら一日の流れを記そうと思う。