2013/07/17

決闘と英国の珍事

裁判で神に裁定を委ねるため、熱湯に手を漬け込む儀式……

日本史でお馴染みの"盟神探湯"である。
このように裁判の結果を神に求める神判の風習は、かつて欧州にも存在しており、簀巻きにした人間を水中に投げ込む冷水裁判、火で熱した鉄を掴む熱鉄裁判、そして裁判の当事者同士が実力(と言ってもここに神意がはたらくことを期待している)で争う決闘裁判などが存在した。
本来ならここで「昔はそういうこともあったんだなぁ」で終わるところなのだが、最後に記した決闘裁判なる制度は、ウィリアム征服王がブリテン島に持ち込んで以来、約750年にも渡って(一応格好だけは)存続し、波乱を巻き起こすのである。


Ashford 対 Thornton事件として知られるそれは、1818年に起こった。5月27日、イングランド中部の町で、メアリー・アシュフォードという女性の死体が発見される。捜査の結果、彼女は強姦の上、水中に投じられて溺死したことが判明。前日の夜、舞踏会で同席していたエイブラハム・ソーントンに疑いがかけられたのである。
実際の下手人がソーントンであったのか、それとも異なる第三者であったのかは、現在に至るも不明であるが(※1)、とにかく裁判の結果、ソーントンは証拠不十分で無罪となった。しかし、それで収まらないのが遺族である。被害者の兄であるウィリアム・アシュフォードは無罪判決に憤慨し、自ら殺人罪を証明する用意があるとして殺人私訴を提議した。これに対して被私訴人ソーントンは

「無罪なり。余は敢えて身をもってこれを争わんと欲す(※2)」

と宣言。かくして11月16日、ソーントンによって法廷内に決闘の手袋が投じられたのであった。

決闘裁判の制度は1456年以降、実際に用いられたことはなく、当時既に形骸化した存在であった。しかし、「決闘など古代の蛮習である」とする聴衆に対して、裁判長エレンバラ卿は「これ国法なり」と宣言。他の裁判官も全員一致で決闘を認めたのであった。これに恐れをなした私訴人(原告)は訴えを取り下げ、改めてソーントンは無罪放免となった。
この裁判の翌年、殺人、反逆、その他重罪に対する私訴と決闘の廃止を決めた殺人私訴法が成立。ソーントン以後、剣で無罪を争ったものは現れていない。

※1目撃者の証言による推測では、メアリーとソーントン氏は純粋な情愛で結ばれたらしいのだが、情事の後に身を清めようとしたメアリーが誤って転落した可能性が高いとされる。
※2穂積陳重著"法窓夜話"より



2013/05/26

【書籍紹介】ドイツ人は日本車をどう見たのか?

ヨーロッパは日本車に轢かれてしまう
著者:ウェルナー・マイヤー・ラルセン
出版:日本工業新聞社
(1981-06)

この本は1980年に西ドイツで刊行された「自動車大国日本」の訳本である。海外進出著しい時期の日本車を外国人がどのように見たのか、興味のある方は古本屋で探してみてほしい。巻末には各車の批評も掲載されている。
何かと欧州コンプ、ドイツびいきの批評が目立つ国内の記事に辟易した方には、一服の清涼剤となるだろう。



2013/05/04

縮小されるイギリス陸軍

2012年にフィリップ・ハモンド国防大臣が明らかにした計画によれば、2015年までにイギリス陸軍は大規模な組織改編が行われ、歩兵5個大隊を含む17の部隊が解散となる見通し。この改変で現役兵は102,000名から82,000名に縮小される一方、予備役が30,000まで増強される。また、ドイツに展開中の人員も2020年までに全て撤退させる。軍の主力は三個機械化歩兵旅団と空中強襲旅団を中核とする即応部隊(Reaction Forces)と、予備役との混成である適応部隊(Adaptable Forces)で編成される。

肝心の戦車部隊であるが、チャレンジャー2が40%削減されるものの、各機械化歩兵旅団に一個機甲連隊が付属することになるので、しばらくは安泰の模様。退役させた車両はモスボールするか、部品取りになると推測される。

2013/03/17

【書籍紹介】日本の工作機械の歴史

日本の工作機械
著者:三品頼忠
出版:日本評論新社
1958年

黎明期から戦後復興期にかけての、日本の工作機械史をまとめた本である。特に第二次大戦期にページ数を割いており、単純な物的差以上に日米の工作機械事情が異なっていたことが良く分かる。
古い本ゆえ大変入手が困難であるが、興味のある方は是非、古本屋や図書館で探してみてほしい。



2013/03/10

アオシマの新商品「あたご」が凄い

アオシマから今月発売されるのが、上記の"1/700あたご"である。
「現役艦のモデル化ありがたや」などと思っていたら、サービスパーツの方がとんでもない曲者であった。

某国弾道ミサイル(発射台付き)と、F2支援戦闘機、P3Cが各1機付属します。

北朝鮮某国ネタといえば"1/700おおたか、しらたか"でも前科のあるアオシマ……大変素晴らしい。なんて怖いもの知らずの会社なんだ……。

青島文化教材社 海上自衛隊 イージス 護衛艦 あたご



2013/02/23

PS3『蒼の英雄』買ってみた

たまには息抜きも必要かと思いつつ、フライトシミュレーターゲームの『蒼の英雄』DL版を購入してみた。この類のゲームをやるのはPS2のエナジーエアフォース以来である。
ハリケーンやグラディエーターといった通向けの渋い機体が使えるというだけで個人的には大満足。しかもマルタ島がマップにあるのだから英国面の住人として、ここでグラディエーターを飛ばさないわけにはいかない。
全体的に満足できる仕様だったが、デフォルトの操作性が壊滅的なので、キーマッピングと感度の変更は必須であると感じた。(ちなみにコレをやると格納庫での操作も連動して変更されてしまうらしく、かなり面倒臭い。ついでにシャークマウス貼り付け時の操作性もあまりよろしくない)
後、何故か空母に乗ってるのが零戦一一型だったり、微妙な表記のミスもあるが、気にしてはいけない。


追記:2016年に後継であるWarThunderが国内でもプレイできるようになった。こちらにはまだ手が出せていない状況である。

2013/02/16

FV4004/FV4005砲戦車

大は小を兼ねる
大きいことは良いことだ
などという言葉がある。どこの誰が言ったか知らないが、何事にも限度というものがある。今回紹介するイギリス陸軍のFV4005は空前絶後の183mm砲を搭載した試作車両である。

第二次世界大戦が終結した1945年、突如ベルリンのパレードに出現したソ連のIS-3は、低いシルエットと避弾経始に優れた形状、強力な主砲を備え、西側諸国に大きな衝撃を与えた。IS-3に対抗する戦車としてイギリスではFV214コンカラー重戦車が開発されたが、これに先立って作られたのが、L1 120mmライフル砲をセンチュリオンに搭載したFV4004コンウェイである。FV4004は当初、センチュリオンの車体に限定旋回の主砲をポン付けした状態であったが、すぐに全周旋回能力を持つ砲塔が装備された。移動時には砲身を後ろに回して、車体後部のトラベルクランプで固定した。さすがにセンチュリオンに120mmクラスの戦車砲を乗せるのは無理があったようで、それを示すかのように砲塔は縦長の異様な姿をしている(全体の重量バランスはかなり危険な状態であったという)。砲塔自体は均質圧延鋼板で出来ていたが、防御力は限定的であった。FV4004の計画は1951年に中止され、試作車両1両が完成するにとどまった。

120mm砲の搭載は取り止められたものの、センチュリオンをベースに大口径砲を搭載すること自体を諦めたわけではない。更なる火力向上を目的として、L4 183mm砲の搭載へと目標が変更されたのである(これは1952年頃とされている)。新たにFV4005として登場した車両には、やはりFV4004の最初の状態と同じく限定旋回の砲が取り付けられていたが、大重量の砲弾に対応すべく、機力装填装置が追加されていた(単純な比較はできないが、同口径の7.2インチ榴弾砲の榴弾は202ポンド(約92kg)の重量があった。どのような弾種が用意されていたかも不明だが、183mm砲の砲弾も相当な重量があったと推測される)。当時の写真でも、砲の後ろに装備された装填装置らしきものが確認できる。こちらの車両も後に軽装甲で砲の全周が囲われた。
FV4005も試作車が一両だけ完成したが、計画は1957に中止されたため、183mm砲搭載車両の実戦配備は実現しなかった。数年後にはL7 105mm砲が実用化され、お手軽にセンチュリオンが強化できるようになるので、わざわざキワモノ的駆逐戦車を配備しなくてよい、という判断だったのだろうか?大艦巨砲主義的なロマンの観点からは非常に残念なことである。ちなみにFV4005は現在でもボービントンに実車が保管されており、その姿を見ることができる(ただし、砲の旋回能力は失われているとのこと)。

2013/02/03

インドの戦争映画がやっぱりインドだった!

タイトル:Border
邦題:デザート・フォース
監督:J.P.Dutta
製作国:インド
製作年:1997年


Borderは、1971年に勃発した第三次印パ戦争における、ロンゲワラの戦いを舞台とした戦争映画である。主人公はパンジャブ連隊のクルディプ・シン少佐(※実在の人物)。彼と個性豊かな部下たち、そして友人である空軍中佐アンディが主要登場人物。インド軍の全面協力でMiG-21とホーカー・ハンター(!)が登場する。
残念ながら2013年現在、日本語版DVDは発売されておらず、VHSでしか手に入らない模様。


【見どころ】
はっきり言って射撃戦のシーンは地味。戦列歩兵よろしく並んで撃ち合いしてるだけなので、あまり期待してはいけない。が、登場するキャラクターの個性が凄く濃い上に、インド的な無茶苦茶なノリが次から次に飛び出すので、あっと言う間にエンドロールを迎えること間違い無し。

で、皆さん気になる所は……。

やっぱり歌って踊ります!

これがないとインド映画じゃない。戦争映画でも踊るのか!

・昭和のスポ根的ノリ
・銃剣による格闘シーン
・終盤のインド軍無双とホーカー・ハリケーン
・「1人のシーク教徒は12万5千の敵を倒す」などのインド的名言
以上を楽しみたい方は本編をぜひ。

「いくらなんでも戦闘シーンの脚色がすぎるんでねーの?」
と思われるかもしれないが、120名のインド軍がパキスタン軍2000名の機械化部隊を撃退したというのは歴史的事実である。



2013/01/13

【書籍紹介】プリンス自動車とスカイライン

プリンスとイタリア
著者:板谷 熊太郎
販売元:二玄社
2012年4月

1947年に創業したプリンス自動車工業は、旧立川飛行機や旧中島飛行機の流れを汲む新進気鋭のメーカーであった。本書はスカイライン・スポーツ開発と、名デザイナー ジョヴァンニ・ミケロッティ氏のデザインが実現するまでのストーリーを収録したものである。
今や名車の代名詞ともなったスカイラインだが、その黎明期を知る上での貴重な資料である。